令和を駆け抜けるOLの育児日記

20代OL二児育児中、共働き。趣味は株、漫画、映画。

共働き、二児育児中夫婦の共通の趣味「珈琲を入れること」、都内のおすすめ珈琲豆店BEST3を紹介

皆さんこんにちは!

世間では新型コロナウイルスのオミクロン株が流行しているとのことで、連日の感染者数が過去最高を記録しているところが多いですね。

ただ、重症者数、死者数がこれまでの波と比べて多くないのと、沖縄県ではピークアウトの兆候が見られているので少しほっとしています。

感染症の分類も季節性のインフルエンザと同じ5類にする議論も活発化しているので、コロナ禍の終息が見えてきたように感じています。

 

さて今回はコロナ禍で外出自粛期間が続いたことで、新しくできた趣味について書いていきたいと思います。

 

この記事でわかること

・子育て中の共働き夫婦でもできる趣味「珈琲」について

・コーヒーに必要な機材

・都内のおすすめ珈琲店

 

 

自宅で楽しめる珈琲

結論から言いますと、珈琲は、子育て中にも楽しめるうってつけの趣味です。

豆を挽く作業は子どもと一緒に楽しめますし、牛乳をたっぷり入れれば味も楽しめます。娘も、外出中に喫茶店の前と通ると「珈琲の良い匂いがするね」などと言うようになりました。

我が家が珈琲を楽しむようになったきっかけは、新型コロナウイルスでしょうか。

2019年4月に緊急事態宣言が発令されて、外出する機会がめっきり減りましたね。

当時長女1歳。さらに第二子を妊娠中でした。

そこで、家でできる趣味を探していたところ、ちょうど夫が職場で「珈琲を家で淹れてみたい」と、珈琲好きの同僚に洗脳されて帰ってきました。

私はもともと珈琲が大好き。一方夫はもともと珈琲が苦手だったみたいなのですが、淹れたての珈琲を飲んで感動し、好きになったようです。

 

珈琲を淹れるための機材

我が家では家具を購入するときに夫婦で話し合って購入するというルールがあります。

今回、珈琲を淹れるための機材は夫の誕生日プレゼントということで購入しました。笑

珈琲を家で淹れるための機材を紹介します。

 

f:id:kabutomushimesu:20220116224829j:plain

左、ドリッパーとコーヒーサーバー 真ん中、手動式ミル 右、細口ケトル
・ ミル

珈琲豆を挽く為の機材です。手動と自動式があります。我が家は上記写真の手動式のほか、ミキサーで使える自動式ミルの二つ併用で使ってます。

少しいい豆を仕入れたときは手動式のミルで挽いて、市販の珈琲豆を購入したときは自動式ミルを使っています。

手動式ミルは、長女も使うのが大好きで、一緒にハンドルを回してコーヒーを挽いて親子で楽しめます。

うちのは2~3000円ほど。

・ ドリッパー

フィルターをセットするためのものです。カリタ式やハリオ式等色々な種類があります。

我が家にはカリタ式とハリオ式のドリッパーがあるのですが、初心者なのでいまいち味の違いが分かりません!

300~500円くらいでした。

・ ペーパーフィルター

ドリッパーにセットする紙です。大きさが何種類かあるので購入の際は確認が必要です。ドリッパーと種類を合わせる必要があります。

数百円です。

・ コーヒーサーバー

淹れたコーヒーを入れておくものです。サーバーを購入する前はコップに入れていたのですが不便だったので購入してしまいました。

うちは、500円くらいで購入。

・ 細口ケトル

ドリッパーにお湯を注ぐ機材です。

我が家は約300ml入るものをニトリで買いました。確か1500円くらいです。

 

↑こんなセットもあるようです。

我が家の設備投資額は5000円ちょい。(珈琲豆含まず)

思ったより気軽に始められて、しかも長く楽しめるのも嬉しいですね。

 

おまけ

学生時代、私がイタリア旅行で購入したエスプレッソメーカーも、とても美味しいコーヒーを入れられるのでおすすめです。イタリアでは「モカ」と呼ばれていました。

↓のは家にあるものと似た製品です。

 

都内のおすすめ珈琲店

1位 コーヒー ビタール

最寄り駅 上野駅もしくは御徒町駅

上野のアメ横にある珈琲店です。煎りたてのコーヒーを格安で販売しています。

珈琲豆の価格は100g200円台~とてもお買い得です。

アメ横の店舗らしく、こじんまりとした店構えですが品揃えがいいです。

 

2位 斎藤コーヒー店

最寄り駅 神田駅

神田駅から歩いて数分の位置にあります。

斎藤コーヒーは喫茶店もあるのですが、私はいつも、JR線の線路沿いの焙煎所を利用しています。

私たち夫婦はいつもフレンチロースト200gを購入しています。

 

3位 ヤマモトコーヒー店

最寄り駅 新宿駅

新宿駅東口から歩いて約3分です。

珈琲豆はもちろん色々なコーヒーの機材を取り揃えています。

 

 

我が家のおうち時間、「お米のねんど」で遊ぶ長女(3歳)

みなさんこんにちは!

新年が始まり、もう二週間も経ちました。

今回は、娘が使っているねんどについて書いていきたいと思います。

 

f:id:kabutomushimesu:20220115215835j:plain

コーンの乗ったピザを作ってくれました。

 

ギンポー お米のねんど 9色セット

我が家ではこのねんどを使っています。

裏面の説明には

・脳の発達 手や指先を使って脳の発達を促します

・創造力 自由な発想と豊かな想像力を養います。

・色彩感覚 混色ができます! 混色を覚え、色彩感覚をみにつけます。

と記載されています。

娘が2歳クラスから3歳クラスに進級するタイミングで、お祝いにいただいた品です。

対象年齢3歳以上と記載されていますが、娘は2歳半くらいから遊んでいました。もちろん、使用中は必ず大人が付き添い、危険のないように見守っています。

玩具安全基準を満たしたことを意味するSTマークがついているのも、安心できるポイントです。

 

このねんどの特色は以下の通りです。

・色がきれい

9色あり、娘もその日の気分で「赤」や「青」をそれぞれ取り出して使っています。

先日は、青と赤を混ぜると紫色に変わることを体感し、目を丸くしていました。

・柔らかい

3歳の娘でも自由自在に利用でき様々な形にできます。

1歳の息子も、指先で形を変え、興味深そうにしていました。

・乾きにくい

一度取り出しても容器にしまってまた次に遊ぶときに使えます。

 

 

ねんど遊びをもっと楽しくする道具

最初はねんどをこねたり、まるめたりしていた長女ですが、ねんど道具があればもっと遊びの幅が広がると思い下記の道具を購入しました。

ねんどカッターやローラーがお気に入りのようで、この前これらを使ってピザを作ってくれました。

1歳息子もねんどカッターをくるくる回したり、机を叩いたりして楽しんでいます。

 

 

2歳のときは単色でだんごのような単純なものを作っていましたが、3歳3か月現在、数種類の色を使い、より複雑な形のものを作るようになっています。

ねんど遊びを通して、手先の器用さやストーリー構成力が育っていることを感じられるのも嬉しいですね。今後の娘の作品にも期待しています。

 

 

 

休日の家遊び、二人の子ども(3歳と1歳)と絵具遊び!!

みなさんこんにちは!

先日は成人の日で三連休でした。

新成人の皆さんはおめでとうございます。

うちの娘と息子も成人する日がいつか来ると思うと感慨深い気持ちになります。

 

さて、この三連休はずっと家にいました。

理由は私と娘の体調不良です。。。。

私と娘が相次いで腹痛と吐き気に襲われ、完全にダウンしてしまいました。

娘もリビングで吐いてしまい、長年利用していた「人をダメにするソファー」も半分おさらばとなってしまいました(/_;)

 

以上のことから三連休はすべて家で過ごしたわけなのですが、家遊びで一日過ごすのは大変です。

今回は、我が家の家遊びの一つである絵具遊びについて書いていきたいと思います。

 

 

我が家で使用している絵具は「ぺんてる12色入り」です。

 

 

夫が小学校低学年の時に利用していたものの残りが発掘され、それを使用しています。

水性のため、服や体についてもすぐに落せるのがたいへんありがたいです。

 

長女(3歳)も長男(1歳)も筆を使うことができないので、どちらも指を利用してお絵描きしています。

 

パレットは牛乳パックを開いたものを利用し、毎回使い捨てています。

水入れにマカロンの容器を利用しています。卵のパックも便利です。汚れがとれなくなったタイミングで捨てられるので気に入っています。

f:id:kabutomushimesu:20220112223357j:plain

グラデーションができて楽しめます。

 

長男も絵具の感触を楽しんでいましたが、まだ作法をわかっておらず、絵具まみれの手であちこち触ろうとして大変でした。親が2人いるときしか絵具遊びはさせてやれません。

 

f:id:kabutomushimesu:20220112223522j:plain

長女が描いた絵。

長女は、「これが木でね」とか「ここが夜で、ここが朝なの」とストーリーを作りながら絵を描いていました。

 

 

 

 

二児育児(3歳と1歳)の母親の今年の目標

皆さんあけましておめでとうございます。

新年に入り、仕事や育児でばたばたしていて今年初めてのブログが今日になってしまいました。

 

我が家は新年に両家の両親に挨拶回りなどを行っていました。

子ども達も歳の近い従弟たちと遊ぶことができ、楽しそうでした。

 

今回は備忘録という意味もあり、今年の目標について書いていきたいと思います。

 

 

体力をつけること

体力がないばっかりにすぐにイライラしてしまうので、筋力トレーニングなどを行い体力をつけていきたいです。家でできるスクワットや体幹レーニングなどかな。

また、先日在宅勤務の昼休みを利用して久しぶりにランニングに出たのが気持ちよかったので、もっと機会を設けてみようと思っています。

 

怒り方の考察

感情に任せて怒るのではなく、理性的に叱ることを目指します。

いつも怒ってから後悔してしまうので、怒ってしまう前に一呼吸おくことを心掛け、子ども達に「なぜいけないのか、どうすればよいのか」伝えることに重点を置きたいです。

 

毎日絵本を読む

最近、長女(3歳)は「白雪姫」の絵本にはまっていて、毎日のように絵本の読み聞かせをせがんできます。

長男(1歳)には絵本を読み聞かせてあげる機会が長女に比べて少なかったので、今年は姉弟ともに毎日絵本の読み聞かせをしてやりたいです。

 

 

最近の3歳1歳育児。二児育児で良かったことのまとめ

皆さんこんにちは!

今年のクリスマスはどう過ごしましたか??

子どもたちはサンタさんからのプレゼント、とても喜んでいました。

 

さて、二人の子どもたちもすくすくと育ち、長女(3歳)が長男(1歳)に対して、色々とコミュニケーションをとるようになってきました。二人で遊ぶ時間もたまにあります。

今回はそのことについて触れながら、二児育児で良かったと思っていることについて書いていきたいと思います。

 

子どもの成長を感じられること

娘の成長

弟に優しく接することが増えてきました。思いやりの気持ちが育っていると感じます。

具体的には、食べるのが大好きな弟にご飯を譲ったり。

弟が泣いているとき、涙をふくためにティッシュを取りに行ったり、謎の魔法をかけて泣き止ませようと奮闘したり。

弟が何か新しいことができるようになると、我がことのように喜ぶのも良いですね。以前は親の目を意識して弟の世話をしている節がありましたが、最近は本当に、やりたくてやっているように思います。(表情などでわかりますよね。)

自分の使っているおもちゃに触らないで!という場面でも、ちょっと前は怒り&排除100%だったのに対し、最近は①瞬間的な怒り だけでなく、②赤ちゃんだからしょうがないかという慮り、③まあいっか~という許しも見られるようになってきました。

弟の成長

息子も成長しています。

人に優しく触れることを覚えたり、姉がTVの音楽に合わせて踊るのを横目で見て真似したり。歳の近い姉の存在が、彼にも良い影響を与えているようです。

また、ごはんを早く食べ終わると、まだ食べている姉に何か貰えないかとすり寄っていく図々しさも出てきました。

姉の遊びに興味津々で、「触らないで!見ないで!」などと邪険にされて泣くこともありますが…。彼からすれば理不尽な言い分ですよね。

 

良きライバルになること

娘がおむつ替えを渋ったりする際、「弟くんから先に替えよっか~」と聞こえるように言うと、娘は「私が先にやるの!」と張り合ってきます。弟がライバル的存在として、生活を回す際に役に立ってくれます。

 

おむつのサイズが一緒

細かいことですが、おむつが一種類で統一されているので買い物が楽です。ちなみに、マミーポコのLサイズを愛用しています。

 

 

共有できるおもちゃが多いこと

上の子が赤ちゃんの頃から使っていたおもちゃも、未だ現役で二人を楽しませてくれています。

下の子の誤飲が心配で、細かいパーツのあるおもちゃはまだ与えられませんが、このような時期ももうすぐ終わるでしょう。下の子も、そろそろ言って聞かせられる年頃です。(今の段階では、どれだけ聞き分けの良い子になるか予測できませんが)

 

衣類のおさがりの回転が良いこと

2学年差なので、ちょうど姉が着られなくなった服が弟にぴったりサイズな場合が多く、服の買い足しが少なくて楽です。ユニセックスな服を多めに買っておいて正解でした。女の子っぽい服はプチプラで入手したので気兼ねなく処分しています。

 

手のかかる時期が短いこと

これは先輩ママさんから聞いた話で、まだ実感はできていません。その方によると、「4歳2歳」になるとかなり楽になるそうです。あと1年…!

正直、2歳になった息子を想像するとなかなか手ごわそうですが、そういった希望の光があると日々がんばれます。

 

 

子育ての先輩方が口を揃えて言う、「子どもが小さいうちは大変だけど、大変な時期はあっという間に終わるよ。可愛い時期を楽しんでね」という言葉。余裕のないときこそ思い出して、後悔しないように日々過ごしたいです。

 

 

 

 

我が家で選んだ、安くて、小分けで送られてくるふるさと納税返礼品紹介!!

みなさんこんにちは!

最近、急に気温が下がってきてなかなか布団から抜けられなくなってきています…

今日は、朝イチに絵本を読むと身体をスムーズに動かせるようになるという気づきがありました。皆様も良かったら試してみてくださいね。

さて今回は、我が家で選んだふるさと納税について紹介していきたいと思います。

 

今回紹介するふるさと納税の返礼品について

1 価格帯が2万円以下

2 小分けされていて使いやすい

3 ふるさとチョイスで取り扱っているもの

4 冷凍で送られてくるもの

上記の物をピックアップしました。

それでは早速紹介していきます。

 

宮崎県都城市/炭火焼2.5キロ25パック入り(15,000円)

おつまみにもなり、お弁当のもう一品にもなる万能食材。

また、レンジで温めるだけですぐ食べられるのも魅力的です。

個人的には、たまごかけごはんに添えるのが最高です。

 

群馬県伊勢崎市/ウインナー充実セット5種類75本(10,000円)

レンチンか湯煎すれば食べられます。その後フライパンで加熱するともっと美味です。

こちらもおかず、お弁当に重宝しました。

スパイシーな味も入っているので、子どもに与える際は注意が必要です。

 

山形県上山市/かみのやましシュー6個(3,000円)

山形県産米「つや姫」を使ったクッキーシューの生地はとても食べやすくサクサクです。クリームも甘みがちょうどよく、後味もすっきりしており、美味しすぎます。

あまりにも美味しかったので、ふるさと納税とは別に30個購入してしまいました。

 

大分県杵築市/豊後絆屋りゅうきゅう4種×2食セット(15,000円)

流水解凍ですぐ食べられます。ごはんが進みます。たまごかけごはんにも合います。

生ものなので3歳未満の子どもには与えない方が無難ですが、3歳の娘はかなり気に入っていました。

 

まとめ

ふるさと納税の返礼品は様々ありますが、時短料理や冷凍保存ができる食材だと育児をしている身としては助かります。今後も魅力的な返礼品に巡り合いたいです。

 

 

 

我が家で活躍中のお風呂おもちゃ(3歳児と1歳児も大喜び)



こんにちは。最近は寒いので、お風呂が楽しみになりますね。

うちの子どもたちもお風呂が大好きで、いつもスムーズに入ってくれます。

今回は、子どもたちが愛用しているお風呂のおもちゃについてご紹介します。

 

ぞうさんじょうろ

100均で購入。

シャワーのようにお湯をかけてやったり、浴槽をカンカンたたいたり、湯舟に沈めて空気をボコボコさせたり、様々な遊び方ができます。娘が0歳のときから大活躍しています。

また、ベランダで育てている植物の水やりにも使っています。100円以上の働きです。

f:id:kabutomushimesu:20211217232908j:plain

軽い素材です。注ぎ口は噛まれて凹んでいます。



ぺったんトカゲすくい

川越に遊びに行った際、縁日で娘がゲット。(↓川越観光について、こちらの記事もよろしければご参照ください)

 

kabutomushimesu.hatenablog.com

 

絶対に破けないポイを使わせていただき、300円で5匹捕まえることができました。

このおもちゃの良いところは3点あります。

①壁などにくっつく

②手入れが楽で衛生的

③意外と丈夫

特に手入れが楽なのは好ポイントです。お風呂のおもちゃの中には穴があいていて、中にカビが生えてしまったとき、なかなか綺麗にしづらいものもありますよね。プカプカ浮くアヒルちゃんなど、うちでも愛用していたのですが、あるとき中がカビで黒くなっていることに気がつきちょっとしたトラウマに…。

このトカゲちゃんはゴムのような素材でできており、サッと洗えるので常に清潔に遊べます。

また、しっぽなどがかなり伸びるのですが、全然ちぎれません。安いおもちゃなのですぐ壊れると思っていましたが、1歳3歳に毎日好き放題されながらもなお健在です。

f:id:kabutomushimesu:20211217233121j:plain

トカゲ会議

金魚

児童館の縁日で娘がゲット。うちには2匹います。

こちらもトカゲちゃんと同じくゴムのような素材でできていて、衛生的です。

ただ、大きさ3センチほどで、誤飲の心配があり、遊ばせている間は目を離せないのが難点です。

 

おまけ 氷

先日、珍しく娘がお風呂に入るのを渋った日がありました。夕飯後に大人が片づけしている間に何かで遊んでいたのが楽しかったらしく、なかなかお風呂へ気持ちが切り替わらなかったようです。

おふろ入らないいいいいい!!!!

と大泣きしていたので、ふと思い立ち、

「おふろに氷入れてみる?氷を入れたらどうなると思う?」と誘ってみると興味津々!

すぐに泣き止み、お風呂へ直行してくれました。

 

最後に

お風呂のおもちゃは色々試しましたが、今はご紹介したおもちゃ達に落ち着いています。今後、ひらがな表やアルファベット表の導入を検討していますが、子どもたちが楽しくお風呂にはいれるような環境を引き続き作っていけたらいいなぁと思います。