令和を駆け抜けるOLの育児日記

20代OL二児育児中、共働き。趣味は株、漫画、映画。

MENU

【二児育児】3歳1歳と楽しむおすすめのジブリ映画と子どもたちの反応

今回の記事では、うちの子ども達(3歳児と1歳児)に見せたジブリ作品とその反応について書きました。

小さい子どもへ見せる際、参考になれば幸いです。

 

■結論■
うちの場合、
となりのトトロ

魔女の宅急便
崖の上のポニョ

が3強です。
 

 

 

おうち時間、どうしても子どもにテレビを見せる時間が増えてしまいがちです。

というのも先日、1歳の息子がPCR検査を受けまさかの陽性!!

息子は10日間の自宅療養。

同居の私、夫、3歳娘は濃厚接触者として、7日間の自宅待機。

長い長いおうち時間を余儀なくされました…。

息子の症状も軽く、辛そうでないのが救いですね。

個人的には、散歩に出られないのが大変です。外で遊ばせてやれないと、1日が長い。

 

というわけで、平日は1日に2~3回映画を見せています。

この自宅待機期間だけ…在宅勤務と自宅保育の両立のため…と自分を納得させながら。

 

 

作品について

となりのトトロ

総合評価:100点
集中度:最後まで集中して観ていた
影響力:強

・ベランダのチューリップへの水やりを、「明日には咲いてるかな!?」と楽しむようになった

・お弁当を、「サツキちゃんと一緒だ!」と喜ぶ

まっくろくろすけでておいで~♪と歌う

・家を走りまわる

備考:1歳も気に入った様子で、サツキとメイがはしゃいでいるシーンや、レインコートを着たメイを見てキャッキャと笑っていました。

 

魔女の宅急便

総合評価:100点
集中度:最後まで集中して観ていた
影響力:強

・小さい箒にまたがり、飛ぶ真似をする

・キキのセリフを暗記し、会話の中で使う。「そんなことになりませんよーだ!」「素直で明るいキキはどこかへ行っちゃったみたい」「いい子だから言うこときいて!」「修行中の身」など。語彙も増えました。

・父が「このおばあさん、良いよね」と言うと「おばあさんじゃないよ。奥様だよ」と一蹴。

備考:1歳も気に入った様子で、キキが烏に襲われるシーンで大爆笑していました。最後の「がんばれ!がんばれ!」のシーンでは手を振って一緒に応援していました。

f:id:kabutomushimesu:20220320181843j:plain

うちで使っているキキの箒



崖の上のポニョ

総合評価:100点
集中度:最後まで集中して観ていた
影響力:中

ポニョの話をたまにします。「保育園にポニョがいたらどうする?」「娘ちゃんもホットミルクに蜂蜜いれたい!」

備考:初めて観た時は、ポニョの父親を怖がっていました。

 

天空の城ラピュタ

総合評価:40点
集中度:洞窟で目玉焼きパンを食べているあたりでリタイア
影響力:なし

備考:「魔女の宅急便を見たい!」と主張する娘を宥めてラピュタを見せたという事情があり。娘の心を十分ひきつけた上で見せていれば、もっと楽しめたように思います。

1歳息子は、鳩にえさやりするシーンで大爆笑していました。

 

平成狸合戦ぽんぽこ

総合評価:50点
集中度:初めは集中しており、親に質問しながら理解しようとしていた。しかし地方の狸到着前にリタイア。
影響力:なし

備考:保育園の影響で、おばけや妖怪に興味を持っていたので、序盤は楽しんでいました。

 

もののけ姫

総合評価:20点
集中度:サンがたたら場を襲うシーンあたりでリタイア。
影響力:なし

備考:序盤、アシタカが戦で2人殺してしまったシーンで驚いていました。

 

最後に

子どもに作品を初めて見せる際、

作品が子どもに合ったものかどうか

いかに作品に興味を持って貰えるか

大人が確認したり、工夫したりすることが重要だと思います。

 

今回ご紹介した作品は、ジブリ作品の中でも、3歳1歳が楽しめるものをピックアップしたつもりです。(ラピュタ、ぽんぽこ、もののけ姫にはまらなかったのは誤算でした。)

 

また、トトロや魔女宅にはまっている娘に、新たな作品(うちの場合はポニョ)を見てみよう!と誘うには、相当のプロデュース力が問われました。

うちの場合は、

「ポニョの歌、知ってる?」「うん!(歌いだす)」

「(一緒に歌う)ポニョのお話があるんだけど、見てみる?」「こわくない?」

「こわくないと思うよ。一緒に見るから大丈夫。もしこわかったら止めようね」

といったやりとりがありました。

 

ジブリ作品は、大人になってから観ても楽しめます。他にも魅力的な作品がまだまだあるので、今回はまらなかった作品も含め、子の成長とともに一緒に楽しめたらと思います。