令和を駆け抜けるOLの育児日記

20代OL二児育児中、共働き。趣味は株、漫画、映画。

MENU

2歳3歳と行く、3泊4日の北海道旅行!【夏/9月】

9月初旬、夏休みを利用して3泊4日で北海道旅行に行きました。

北海道には魅力的な観光名所が多く、どう回ればよいのか悩む方も多いのではないでしょうか?

幼児連れで回りやすく、楽しめるコース

の参考となれば幸いです。

また、子ども達と飛行機を使って旅行したのは今回が初めてでした。幼児連れの飛行機旅行で、用意しておくと便利だったものなども併せてご紹介できればと思います。

 

■今回の旅行のコンセプト■
・子ども達に北海道の自然を感じてもらう
・美味しい料理を食べる
ゴールデンカムイの痕跡を探す(親の趣味)
 
 
 
 

 

コンセプトについて

1 子ども達に北海道の自然を感じてもらう

北海道と言えば豊かな大自然

子ども達には北海道ならではの自然を満喫してもらいたいと思い、このコンセプトで行程を考えました。

夏なので、川遊びしたい!

 →トマム星野のアクティビティが良さそう!

北海道ならではの広大な大地を目の当たりにしてほしい!

 →夏なので美瑛・富良野かな!

旭山動物園も、子ども達が楽しめそうだな!

旭川といえば「北鎮記念館」がある!

…このように、行ってみたい場所をどんどん挙げていき、所要時間など考慮して行程を組んでいきました。

 

2 美味しい料理を食べる

北海道と言えば、乳製品、農作物、海鮮料理、スイーツ等、美味しい料理がてんこ盛り!

なるべくご飯はご当地グルメをチョイスしました。

ちょうど札幌大通公園でさっぽろオータムフェストが開催されており、北海道の美味しいものを沢山味わえたのも幸運でした。

また、セイコーマートという、北海道を中心に展開するコンビニエンスストアも活用し、時間・食費を浮かせるようにもしました。ここのお弁当が、量も多くリーズナブルで、しかも美味しいのです。

 

3 ゴールデンカムイの痕跡を探す

あくまでも親の趣味ですが…子ども達は全く知らない作品ですが…

北海道を舞台とした大人気作品「ゴールデンカムイ」。

北海道の至る所に、物語の舞台となる土地があります。

そういったところに行き、作品に思いを馳せることも今回の旅の目的です。

お好きな方は、以下行程の中で作品ゆかりの場所がどこか、探してみてくださいね。

 

旅行行程

①美瑛「青い池」 ②苔の回廊 ③支笏湖

具体的な行程は以下の通りです。

1日目【新千歳空港旭川

朝8時頃に新千歳着。レンタカーを借り、最終日まで利用しました。

・サーモンパーク

(昼食)セイコーマート

旭山動物園

(おやつ)ソフトクリーム

・北鎮記念館

(夕飯)居酒屋ユーカリ

(夜食)セイコーマートのおつまみ、翌朝食もセコマで調達

 

2日目【旭川~美瑛・富良野トマム

(朝食)セイコーマート

・セブンスターの木
・ゼルブの丘

・青い池
四季彩の丘

・美瑛放牧酪農場
(間食)ラクレットトースト、チーズ、牛乳、飲むヨーグルト
・ファーム富田(間食)メロンパン
・サンタの髭(間食)メロンアイス
富良野ワイン工場
富良野チーズ工房
(昼食)ピザ、イカスミチーズ
トマムリゾートのプール 
・ワイン専門店
(夕食)スーパーで調達(寿司、刺身、ザンギ)

 

3日目【トマム~長沼~札幌】


・ゴンドラに乗り雲海を見に行く

(朝食)ホテルバイキングの予定が、時間の関係で食べそびれてしまいました
空知川のアクティビティ(ラフティング等)
(昼食)ジンギスカン 成吉

札幌大通公園の遊具

(夕食)さっぽろオータムフェスト

 

4日目【札幌~苫小牧~支笏湖新千歳空港

 

(朝食)苫小牧の海鮮丼

・苔の回廊をハイキング
支笏湖

・空港付近でレンタカー返却、レンタカー屋マイクロバスで空港へ
新千歳空港でお土産購入

(昼食)ラーメン

 

持ち物(特筆すべきもののみ)

日数分+2枚ずつの着替え

想定外の汚れに備え、多めに持参しました。

上は半袖、下は長ズボン。羽織れるパーカーは1枚ずつ。

・防寒具

トマムで雲海を鑑賞する場所が標高の高いところで、特に早朝は、夏でもかなり冷えます。(確か10~15℃くらい)各自ダウンを用意しました。嵩張るので、パッキングの際はかなり圧縮しました。

・おしりふき

何でも拭けるので、お出かけには欠かせませんよね。

・おむつ

日数×7枚で、確か10枚以上余りました。(上の子は殆ど使わず)

・機内や車内で食べるおやつ

ラムネ・マーブルチョコ・グミなど、汚れづらいものを多めに持参しました。

・タオル

川遊び用。ホテルのタオルは使えないのでご注意ください。

 

あればよかったもの

・機内で子どもを大人しくさせるもの(塗り絵や絵本など)

帰りの飛行機で子どもがはしゃぎ、うるさくしてしまいました。客室乗務員の方が絵本や塗り絵を用意してくださり、それらに夢中になっている間は静かでした。こういったものも持参した方が、周囲に迷惑をかけずに済んだと反省しています。

・虫かご、虫取りあみ

9月の北海道では、トンボやバッタが捕まえ放題でした。娘は素手で捕まえ、すぐにリリースしていましたが、荷物に余裕があれば虫取りセットがあっても良かったと思います。

 

最後に

今回の北海道旅行、大人達は非常に満足いくものでした。

子ども達も毎日布団に入るとすぐに寝ましたが、全日程、疲れた様子もなく楽しそうでした。行程も詰め過ぎず無駄も無く、ちょうど良いバランスだったのではないでしょうか。

上の子はラフティングがとても楽しかったようで、ボートを漕ぐのが上手と褒められたことを、楽しそうに話します。

下の子はまだ喋れないので何が楽しかったのか説明してくれはしませんが、苔の回廊を歩いた時、にこにこ歩いてテンションが高かったので、おそらくとても楽しめていたのだと思います。ちなみにラフティングは3歳からで、下の子は経験できていないので、次回は姉弟一緒に楽しみたいです。(ラフティング中、義両親が下の子と遊んでくれていました。ありがたいです。)