令和を駆け抜けるOLの育児日記

30代OL三児育児中。共働き。ブログテーマは子育て、お出かけ、節約、株。

MENU

5歳3歳0歳と楽しむ沖縄。リゾートホテルでまったりがオススメ!

少し早い夏休み、我が家は沖縄に行きました。

子連れ沖縄旅行の行程や、行った先のレビューなど参考になれば幸いです。

 

今回は5歳3歳0歳を連れての旅行ということもあり、あちこちまわるよりも、ゆったり無理のない行程となるよう工夫しました。

譲れない条件は以下3点。

①プール付きのリゾートホテルに連泊する

美ら海水族館に行く

③5歳娘とシュノーケリングを楽しむ

カヌチャベイホテルのフロントからの景色

 

 

 

 

 

行程

一日目

17時頃 那覇空港

ゆいレール旭橋駅」近くのビジネスホテル泊

ホテル周辺の居酒屋で夕食

〆の沖縄そば

地元スーパーでブルーシールアイス

21時頃 就寝

 

二日目

ホテルにて朝食

8時(あさイチ!)レンタカーを借りる。最終日までレンタカー使用

地元スーパーでお土産・おやつ購入

10時頃 美ら海水族館

14時頃 水族館発

15時頃 ホテル着、プールへ

20時頃 就寝

 

三日目

朝食前、ビーチ散策

一日中プール

20時頃 就寝

 

四日目(最終日)

11時チェックアウトまでプール

13時頃 5歳チームはシュノーケル(かねひで喜瀬)

    3歳0歳チームはブセナ海中公園水中展望塔(グラス底ボート)

16時頃 ひめゆりの塔

17時頃 レンタカー返却

18時頃 那覇空港着、夕飯、飛行機で就寝

22時頃 羽田着

帰宅後すぐ就寝(※翌日はゆっくり過ごしました)

 

ちなみに今回の旅行にかかった費用ですが、

宿・航空券・レンタカー代でだいたい25万円、その他現地で5万円程

です。6月の沖縄は比較的リーズナブルで、梅雨明けで天気にも恵まれましたし、最高でした。(ちょうど数日前、記録的豪雨で大変だったそうです。この影響で海が濁ってしまい、海中アクティビティはいくつか休止でした)

 

宿泊した宿について

・GRGホテル那覇東町

www.grghotelnaha-h.com

那覇空港からゆいレールで5駅旭橋駅」より徒歩5分

3歳息子はモノレールに乗ったのもとても嬉しかったようです。

ホテルも申し分ない設備で、国際通りも徒歩圏内です。

アメニティにはシャンプー・コンディショナー・ドライヤー・歯ブラシ・大人用パジャマ・タオル類など用意されています。私たちは平日に宿泊しましたが、ビジネスマンも多く利用していました。

朝食もパン・おにぎり・サラダ・スープ等好きなだけいただくスタイルで、未就学児無料なのもありがたかったです。個人的には味玉(?)が最高でした。茶色くないのにしっかり塩味で。きっと沖縄の美味しい塩で作られているのだと思います。

 

・カヌチャベイホテル&ヴィラズ

www.kanucha.jp

素敵なリゾートホテルでした。

美ら海水族館から車で約40分でした。那覇空港からは約80分とのこと。

リゾートホテルにはあまり行ったことがないので比べたりはできないのですが、最高でした。部屋も、プールも、海も、食事も、景色も。

敷地内を走るカートを借りることができるのですが(6,050円/日)、これにも子ども達は大喜びで、借りて良かったです。水着のまま乗れるので、ビーチやプールで濡れた身体のまま部屋に戻ることができ、とても便利でした。

更にウェルカムベビーのお宿ということで、赤ちゃん連れにも嬉しいサービスが充実していました。記載している以外のサービスもありますので、公式HPをご確認いただければと思います。

・朝食ビュッフェにも離乳食・食器セットの用意あり

プールは赤ちゃん可(水遊び用おむつ着用は必須)

・ベッドに転落防止柵を設置していただいた(事前連絡は必要)

・他、ベビーカーや子ども用パジャマ等貸出あり

ビーチサイドプールの様子です。



アクティビティ

今回利用したアクティビティは以下の通りです。

・ウォーターキッズガーデン

ビーチ併設の遊具付きプール。0歳から遊べますが、うちの赤ちゃんは爆睡していたので、5歳3歳+大人1名で利用しました。

内容は、大小すべり台、手漕ぎボート、トランポリン、シーソーのような遊具等々。

午前午後合わせて4時間たっぷり遊んでいました。

とても楽しいですが、日差しが強いので要注意です。

 

・スノーケリング(5歳~)

※数日前までの大雨の影響で海が濁ってしまい、カヌチャ滞在中は休止していました。が、「かねひで喜瀬ビーチパレス」というホテル内の系列店を案内していただき、最終日に楽しむことができました。(西側と東側で、濁り具合が異なるようです)

カヌチャベイホテルから車で約30分でした。

5歳娘は初めてのシュノーケリング。器具の使い方から海中での誘導までスタッフの方が優しく教えてくださり、安心して臨むことができました。

所要時間は着替え・シャワー込みで約1時間

まずは浜で着替え、説明を聞いてから、

バナナボートでシュノーケルスポットへ移動!(これも楽しい)

ボートからはまずスタッフさんが降り、浮き輪をもって娘・私を迎えてくださいました。(この日、メンバーはこの3名でした)

スタッフさんの持つ浮き輪に参加者がつかまるスタイルで、泳げない人も安心

初めは怯えていた娘も、時間が経つにつれリラックスしてきて、

海に長時間顔をつけて水中の景色を楽しむことができるようにまでなりました。

「きれい!たのしい!」と大興奮の娘をみて、私もとても嬉しかったです。

海中も大変美しく、どちらを向いても魚、珊瑚、ヒトデ、ナマコ…

最高でした。また行きたいです。

www.kise-beachpalace.jp

 

持ち物について

・持って行って良かったもの

スーツケース

 今回の旅行に備え、子どもが乗れるスーツケースを購入していましたが大正解でした!駅や空港での待ち時間・移動時間に交代で乗ってもらい、子ども達もラク、大人もラクでとても良かったです。

 購入したのは↓の商品。キズが目立ちにくい素材で、折り畳み式の持ち手・足置きがあり、子ども達も気に入っていました。今後もたくさん使っていきたいです!

 

ラッシュガード

 屋外プールで遊ぶなら必需品です。紫外線をナメていた夫は全身真っ赤になり皮膚科を受診する羽目になりました。皆様もどうぞお気をつけください。

(子ども達分のラッシュガードは用意していたので無事でした)

 

水中スマホケース

 プールサイドでの買い物は部屋付けで、チェックアウト時にまとめて清算することもできます。なので必ずしもスマホが必要というわけではありません。が、プールでも写真を撮っておきたいと思ったので、今回の旅行を機に購入しました。

 現地で売っているものはひとつ3,000円ほどでしたので、買っておいて良かったです。

 購入したのは↓の商品。安くなっていたので機能するか不安でしたが、水一滴入ることなく、写真も無事撮影できました。

 

浮き輪

 浮き輪は有料レンタルだったので、持参して大正解でした。

 購入したのは↓の商品。足入れの浮き輪はひっくり返るのが怖かったので、安定感のありそうなものを選びました。ハンドル付で、乗り物大好きな息子にも大ヒット!ほぼずっと乗ってくれました。乗っている間、さすがに目は離せませんが、他の子の相手ができるのも良かったです。

 

赤ちゃんの水着

 末っ子は水遊びが初めてなので、↓の水着を購入。帽子つきで、脱ぎ着も大変ではなく、何より可愛い…

 口コミを参考に、大きめの4T(90-100㎝)を購入したので、たくさん着せてやりたいです!

 

水遊び用おむつ

 小は吸収せず、大はキャッチするというもの。

 末っ子は一番下に着用、上に水着、プールサイドや移動中はさらに上に普通のおむつを着用。プールの中でだけ普通のおむつを脱ぐスタイルです。

 

おやつ

 ドライブ中やプールサイドで休憩する際、なにかとおやつが必要なタイミングがありますよね。多めに持って行って正解でした。私はあまり汚れないグミが好きです。

 

お酒

 ホテルの敷地内で購入すると割高ですし、種類もそこまで多くなかったので、事前にお酒・おつまみを購入して持って行くのがベストです。

 我が家は、地元のスーパーでお酒を大量に購入しました。

 

・いらなかったもの

離乳食

 離乳食はホテルの食事取り分けで十分でした。

 また、ビュッフェにも市販離乳食の用意があったので、持参した離乳食はまったく使いませんでした。

 

アームリング

 ホテルのプールサイドで無料レンタルできました。むしろ小さい子どもは安全のため着けるように、監視員の方に声をかけられていました。

 

空気入れ

 アームリングや浮き輪に空気を入れるのに持参したのですが、プールサイドで無料レンタルできました。ちなみに、家にある空気入れはバランスボール購入の際の付属品です。

 

最後に

今回の旅行では、子どもが楽しめるよう計画を立てていたので、その目的は達成できたと思います。子ども達の楽しむ様子を夫婦で楽しむのが何よりの幸せです。

次はどこで何をしようか、考えるのもまた楽しいですね。