令和を駆け抜けるOLの育児日記

20代OL二児育児中、共働き。趣味は株、漫画、映画。

共働き、二児育児中夫婦の共通の趣味「珈琲を入れること」、都内のおすすめ珈琲豆店BEST3を紹介

皆さんこんにちは!

世間では新型コロナウイルスのオミクロン株が流行しているとのことで、連日の感染者数が過去最高を記録しているところが多いですね。

ただ、重症者数、死者数がこれまでの波と比べて多くないのと、沖縄県ではピークアウトの兆候が見られているので少しほっとしています。

感染症の分類も季節性のインフルエンザと同じ5類にする議論も活発化しているので、コロナ禍の終息が見えてきたように感じています。

 

さて今回はコロナ禍で外出自粛期間が続いたことで、新しくできた趣味について書いていきたいと思います。

 

この記事でわかること

・子育て中の共働き夫婦でもできる趣味「珈琲」について

・コーヒーに必要な機材

・都内のおすすめ珈琲店

 

 

自宅で楽しめる珈琲

結論から言いますと、珈琲は、子育て中にも楽しめるうってつけの趣味です。

豆を挽く作業は子どもと一緒に楽しめますし、牛乳をたっぷり入れれば味も楽しめます。娘も、外出中に喫茶店の前と通ると「珈琲の良い匂いがするね」などと言うようになりました。

我が家が珈琲を楽しむようになったきっかけは、新型コロナウイルスでしょうか。

2019年4月に緊急事態宣言が発令されて、外出する機会がめっきり減りましたね。

当時長女1歳。さらに第二子を妊娠中でした。

そこで、家でできる趣味を探していたところ、ちょうど夫が職場で「珈琲を家で淹れてみたい」と、珈琲好きの同僚に洗脳されて帰ってきました。

私はもともと珈琲が大好き。一方夫はもともと珈琲が苦手だったみたいなのですが、淹れたての珈琲を飲んで感動し、好きになったようです。

 

珈琲を淹れるための機材

我が家では家具を購入するときに夫婦で話し合って購入するというルールがあります。

今回、珈琲を淹れるための機材は夫の誕生日プレゼントということで購入しました。笑

珈琲を家で淹れるための機材を紹介します。

 

f:id:kabutomushimesu:20220116224829j:plain

左、ドリッパーとコーヒーサーバー 真ん中、手動式ミル 右、細口ケトル
・ ミル

珈琲豆を挽く為の機材です。手動と自動式があります。我が家は上記写真の手動式のほか、ミキサーで使える自動式ミルの二つ併用で使ってます。

少しいい豆を仕入れたときは手動式のミルで挽いて、市販の珈琲豆を購入したときは自動式ミルを使っています。

手動式ミルは、長女も使うのが大好きで、一緒にハンドルを回してコーヒーを挽いて親子で楽しめます。

うちのは2~3000円ほど。

・ ドリッパー

フィルターをセットするためのものです。カリタ式やハリオ式等色々な種類があります。

我が家にはカリタ式とハリオ式のドリッパーがあるのですが、初心者なのでいまいち味の違いが分かりません!

300~500円くらいでした。

・ ペーパーフィルター

ドリッパーにセットする紙です。大きさが何種類かあるので購入の際は確認が必要です。ドリッパーと種類を合わせる必要があります。

数百円です。

・ コーヒーサーバー

淹れたコーヒーを入れておくものです。サーバーを購入する前はコップに入れていたのですが不便だったので購入してしまいました。

うちは、500円くらいで購入。

・ 細口ケトル

ドリッパーにお湯を注ぐ機材です。

我が家は約300ml入るものをニトリで買いました。確か1500円くらいです。

 

↑こんなセットもあるようです。

我が家の設備投資額は5000円ちょい。(珈琲豆含まず)

思ったより気軽に始められて、しかも長く楽しめるのも嬉しいですね。

 

おまけ

学生時代、私がイタリア旅行で購入したエスプレッソメーカーも、とても美味しいコーヒーを入れられるのでおすすめです。イタリアでは「モカ」と呼ばれていました。

↓のは家にあるものと似た製品です。

 

都内のおすすめ珈琲店

1位 コーヒー ビタール

最寄り駅 上野駅もしくは御徒町駅

上野のアメ横にある珈琲店です。煎りたてのコーヒーを格安で販売しています。

珈琲豆の価格は100g200円台~とてもお買い得です。

アメ横の店舗らしく、こじんまりとした店構えですが品揃えがいいです。

 

2位 斎藤コーヒー店

最寄り駅 神田駅

神田駅から歩いて数分の位置にあります。

斎藤コーヒーは喫茶店もあるのですが、私はいつも、JR線の線路沿いの焙煎所を利用しています。

私たち夫婦はいつもフレンチロースト200gを購入しています。

 

3位 ヤマモトコーヒー店

最寄り駅 新宿駅

新宿駅東口から歩いて約3分です。

珈琲豆はもちろん色々なコーヒーの機材を取り揃えています。

 

 

子ども2人と「日比谷公園」へ。年末年始は注意!

みなさんこんにちは!

今回は昨年末のことについて書いていきたいと思います。

 

昨年末は近くの和菓子屋さんで一升餅を買い、家族で食べました。

出来立てのお餅はとても柔らかくて美味しいですね。

子どもたちにはのどを詰まらせないように配意しながら小さく刻んで与えました。

特に長男(1歳)はまだ小さいため、米粒サイズにちぎってあげました。

餅の雰囲気だけでも味わってもらえればいいなぁと思います。

 

さて昨年の大納会の翌日は、親戚に会いに日比谷周辺に繰り出しました。

日比谷ミッドタウンで待ち合わせだったので、早めに家を出て日比谷公園で遊ぼう!という作戦を立てました。

 

昼前に日比谷公園に着きびっくりしたことは年末年始、日比谷公園の遊具ゾーンが閉鎖していたことです!!

公園が年末年始には閉まっているなんて全然考えてもいなかったので、どうしようかと途方に暮れてしまいました。

しかし、遊具エリアのわきにあるブランコとうんていは使用可能で、そこで遊ぶことにしました。

 

三歳の長女はまだブランコを一人でこぐことができないので後ろから押すのですが、娘は周りの子どものブランコのこぎ方を真似しながら一生懸命足を延ばしたり、曲げたりしていました。

一歳の長男は、私の膝に乗ってブランコに乗りゆらゆらとして楽しんでいました。

靴デビューしたての息子は、遊具が無くても、歩いたり葉っぱを拾ったりするだけで楽しんでいるようでした。

 

あとは、噴水のまわりをかけっこしたり。

息子も噴水を眺めるのが好きなようで、思ったより長時間、噴水広場で遊べました。

 

一通り日比谷公園で遊んだ後、日比谷シャンテへ。お昼ご飯を食べ終わった頃に、娘がデザートを食べたいと言い出したので、シャンテ内にある「果実園」に行くことになりました。

ここで娘はフルーツの盛り合わせを頼み、私はいちごパフェを頼んで、甘味に舌鼓を打ちました。息子も果物が大好きなのでモリモリ食べていました。

子どもたちと美味しいフルーツを食べに行くことは想定外でしたが、いい刺激になりました。

 

f:id:kabutomushimesu:20220115234519j:plain

いちごのパフェ。大きくて甘くて、とても美味しかったです。



呪術廻戦の一挙放送を観ました。ネタバレ無しの感想です。

こんにちは。最近話題の「呪術廻戦」のアニメ、先日TVで一挙放送していましたね。

人気作品のようなので、我が家も録画して子どもと一緒に見てみることに。

 

知識ゼロで見始めたのですが、思ったより子どもには怖いシーンがあるのですね。

3歳の娘は早々にリタイア。第1話オープニングが終わってすぐ、「アナ雪がいい」と主張していました。今思えば、怖いシーンを見せずに済んで良かったです。笑

結局大人だけで、子どもを寝かしつけた後に楽しみました。

 

・1~7話

ジャンプの王道「友情・努力・勝利」を押さえた作品だな、という感想です。

主人公と仲間の3人組が出揃い、それぞれの能力を生かして困難に対処していく…。見ていて気持ちの良い流れでした。からの、「3人のうち1名が死亡」という衝撃。

多くの人に支持されるのも納得ですね。

 

・起首雷同編

7話から随分話が飛んだのでわかりづらい点もありましたが、よくまとまっており楽しめました。

魅力的な敵キャラが出てきて、さらに物語が面白くなっていくワクワク感が残りました。私はスキンヘッドのお兄さんが結構好きでした。(壊相 えそう と言うらしいですね。調べました)他にも、謎の強そうなキャラクターも控えている感じも良かったです。

夫が五条悟に心を奪われていたのも面白かったです。よく耳にする「領域展開」が出てきたときは、「これか!」と嬉しくなり顔を見合わせました。現在、我が家ではあの指のポーズが流行っています。脈絡なくやるのがポイントです。

 

今回の一挙放送は、劇場版の公開に合わせているとのこと。

個人的には、登場人物がいまいちわかっていないので、映画を観るなら漫画を読んでからかな?と思っています。

我が家のおうち時間、「お米のねんど」で遊ぶ長女(3歳)

みなさんこんにちは!

新年が始まり、もう二週間も経ちました。

今回は、娘が使っているねんどについて書いていきたいと思います。

 

f:id:kabutomushimesu:20220115215835j:plain

コーンの乗ったピザを作ってくれました。

 

ギンポー お米のねんど 9色セット

我が家ではこのねんどを使っています。

裏面の説明には

・脳の発達 手や指先を使って脳の発達を促します

・創造力 自由な発想と豊かな想像力を養います。

・色彩感覚 混色ができます! 混色を覚え、色彩感覚をみにつけます。

と記載されています。

娘が2歳クラスから3歳クラスに進級するタイミングで、お祝いにいただいた品です。

対象年齢3歳以上と記載されていますが、娘は2歳半くらいから遊んでいました。もちろん、使用中は必ず大人が付き添い、危険のないように見守っています。

玩具安全基準を満たしたことを意味するSTマークがついているのも、安心できるポイントです。

 

このねんどの特色は以下の通りです。

・色がきれい

9色あり、娘もその日の気分で「赤」や「青」をそれぞれ取り出して使っています。

先日は、青と赤を混ぜると紫色に変わることを体感し、目を丸くしていました。

・柔らかい

3歳の娘でも自由自在に利用でき様々な形にできます。

1歳の息子も、指先で形を変え、興味深そうにしていました。

・乾きにくい

一度取り出しても容器にしまってまた次に遊ぶときに使えます。

 

 

ねんど遊びをもっと楽しくする道具

最初はねんどをこねたり、まるめたりしていた長女ですが、ねんど道具があればもっと遊びの幅が広がると思い下記の道具を購入しました。

ねんどカッターやローラーがお気に入りのようで、この前これらを使ってピザを作ってくれました。

1歳息子もねんどカッターをくるくる回したり、机を叩いたりして楽しんでいます。

 

 

2歳のときは単色でだんごのような単純なものを作っていましたが、3歳3か月現在、数種類の色を使い、より複雑な形のものを作るようになっています。

ねんど遊びを通して、手先の器用さやストーリー構成力が育っていることを感じられるのも嬉しいですね。今後の娘の作品にも期待しています。

 

 

 

休日の家遊び、二人の子ども(3歳と1歳)と絵具遊び!!

みなさんこんにちは!

先日は成人の日で三連休でした。

新成人の皆さんはおめでとうございます。

うちの娘と息子も成人する日がいつか来ると思うと感慨深い気持ちになります。

 

さて、この三連休はずっと家にいました。

理由は私と娘の体調不良です。。。。

私と娘が相次いで腹痛と吐き気に襲われ、完全にダウンしてしまいました。

娘もリビングで吐いてしまい、長年利用していた「人をダメにするソファー」も半分おさらばとなってしまいました(/_;)

 

以上のことから三連休はすべて家で過ごしたわけなのですが、家遊びで一日過ごすのは大変です。

今回は、我が家の家遊びの一つである絵具遊びについて書いていきたいと思います。

 

 

我が家で使用している絵具は「ぺんてる12色入り」です。

 

 

夫が小学校低学年の時に利用していたものの残りが発掘され、それを使用しています。

水性のため、服や体についてもすぐに落せるのがたいへんありがたいです。

 

長女(3歳)も長男(1歳)も筆を使うことができないので、どちらも指を利用してお絵描きしています。

 

パレットは牛乳パックを開いたものを利用し、毎回使い捨てています。

水入れにマカロンの容器を利用しています。卵のパックも便利です。汚れがとれなくなったタイミングで捨てられるので気に入っています。

f:id:kabutomushimesu:20220112223357j:plain

グラデーションができて楽しめます。

 

長男も絵具の感触を楽しんでいましたが、まだ作法をわかっておらず、絵具まみれの手であちこち触ろうとして大変でした。親が2人いるときしか絵具遊びはさせてやれません。

 

f:id:kabutomushimesu:20220112223522j:plain

長女が描いた絵。

長女は、「これが木でね」とか「ここが夜で、ここが朝なの」とストーリーを作りながら絵を描いていました。

 

 

 

 

二児育児(3歳と1歳)の母親の今年の目標

皆さんあけましておめでとうございます。

新年に入り、仕事や育児でばたばたしていて今年初めてのブログが今日になってしまいました。

 

我が家は新年に両家の両親に挨拶回りなどを行っていました。

子ども達も歳の近い従弟たちと遊ぶことができ、楽しそうでした。

 

今回は備忘録という意味もあり、今年の目標について書いていきたいと思います。

 

 

体力をつけること

体力がないばっかりにすぐにイライラしてしまうので、筋力トレーニングなどを行い体力をつけていきたいです。家でできるスクワットや体幹レーニングなどかな。

また、先日在宅勤務の昼休みを利用して久しぶりにランニングに出たのが気持ちよかったので、もっと機会を設けてみようと思っています。

 

怒り方の考察

感情に任せて怒るのではなく、理性的に叱ることを目指します。

いつも怒ってから後悔してしまうので、怒ってしまう前に一呼吸おくことを心掛け、子ども達に「なぜいけないのか、どうすればよいのか」伝えることに重点を置きたいです。

 

毎日絵本を読む

最近、長女(3歳)は「白雪姫」の絵本にはまっていて、毎日のように絵本の読み聞かせをせがんできます。

長男(1歳)には絵本を読み聞かせてあげる機会が長女に比べて少なかったので、今年は姉弟ともに毎日絵本の読み聞かせをしてやりたいです。

 

 

新型コロナウイルスのオミクロン株への「やりすぎ」だと思う対応について

こんにちは!

おかげさまで仕事も納め、家で子ども達、夫と楽しく過ごしています。

 

さて、オミクロン株の市中感染が各地で報告されてきましたね。それに伴い数々の対策が取られていますが、あまりにもやり過ぎだという対策について思うところあるので、書いていきたいと思います。

 

厳しすぎる水際対策

・外国人の新規入国原則停止

・日本人の帰国については宿泊施設・自宅での待機

が、水際対策の柱でしょう。

自主隔離期間は、アプリ等で位置情報の報告義務もあります。一見、徹底しているようですが、ルールが厳しすぎるあまり、守らない人も少なくないというのが実情です。これって意味ある…?

14日間の自宅待機を経験した知人も辛そうでした。やむを得ない出張の多い人ですが、都度課される待機期間にうんざりしており、この政策を支持する人が多いことに落胆していました。

 

大学入試における、濃厚接触者の別室受験

先日、文部科学省が大学受験の際に、オミクロン株の濃厚接触者は受験を不可にするという指示を、各都道府県に出しました。後日、別室で受験可にするという方向に訂正されましたが、この一連の流れは大勢の受験生の動揺を誘ったと思います。

今回のオミクロン株は海外では重症化しづらいという報告が上がってきているのに、日本はまだ、オミクロン株は不明なところが多いといって対策の強化を行っています。日本で確認されたオミクロン株の重症者や死者の数を調べてみて欲しいものです。

また、一生を左右する受験に、濃厚接触者というだけでアクセスできないのは人権侵害ではないかと思います。今回、同じ飛行機、同じ学校というだけで濃厚接触者と認定されてしまっている中でこの方針は本当に愚策だったと思います。

 

「濃厚接触者」とは別に「接触者」の定義を作ったこと

厚生労働省が「濃厚接触者」とは別に「接触者」として検査を呼びかけることを各都道府県に通知したようです。

接触者」とは感染者と学校や職場で座席が近い人や日常的に滞在する部屋が同じ人、寮などで食事などを共有している人のことを言うそうです。

この「接触者」に、検査の実施や不特定多数との接触を避けるように求めるそうです。

このことを知り最初に思ったことは、「また、保健所の仕事が増えて大変になるんだろうな」ということです。濃厚接触者の追跡に業務が追い付かなかったことは記憶に新しいのに。それより広い範囲を追跡することは実務上不可能なのではないかと思います。

また、職場によっては任意の検査でも実質強制になってしまう恐れがあり、そのため、仕事が回らなくなってしまう恐れがあることを危惧してしまいます。

いったい何のために無症状の人や接触者の行動を狭めるようなことをするのか疑問に感じます。

 

まとめ

これらの対応の原因は岸田首相のオミクロン株対策の「やりすぎのほうがいい」という方針の弊害ではないかと思います。

未知の事柄に大きく構えることは大切だとは思いますが、新型コロナウイルスが発見されて約二年経ち、いくつもの変異株が発見されてきました。それらの経験をすべて無視した対策を講じることは科学を否定しているように感じます。

出口戦略を考えないまま行き当たりばったりの対策をしているようにも感じます。

新型コロナウイルスを脅威に思う層には支持されているのでしょうが…。それぞれの政策が本当にコロナ対策として有効なのか?そもそも、コロナ対策にそこまで力を入れるべきなのか?(個人的には、菅元首相がワクチン接種を推進したことは良かったと思っています。然るに支持率がいまいちだったのが不思議でなりません。)

支持率も大切だとは思いますが、データを重視した政策を行っていって欲しいです。