令和を駆け抜けるOLの育児日記

20代OL二児育児中、共働き。趣味は株、漫画、映画。

MENU

赤ちゃんが喜ぶ絵本 森あさ子作「ぱかっ」「くるっ」

こんにちは。金木犀の香る季節となりました。散歩していて見つけると、子ども達も匂いを嗅いだり触ってみたりと、五感で楽しんでおります。

 

さて、今回も我が家でヒットした絵本、

森あさ子さん作「ぱかっ」「くるっ」2冊の絵本をご紹介します。

この絵本は上の娘が1歳になってすぐ、セットで友人から頂いたものです。遠方の友人なので最近はなかなか会えていません。コロナ禍が落ち着き、気軽に会いにいける社会に戻って欲しいですね。

 

「ぱかっ」「くるっ」

絵本について

  • 対象年齢 

   0歳~(2歳現在、楽しんで読んでいます)

  • 文字数、文字の大きさ

   1ページにつき数フレーズ

   テンポよく読むことも、絵について言及しつつ話を膨らませることも可能です。

   「ひよこちゃんが生まれたよ。ぴよぴよ

   「これはなぁに?食べてみよう。あーん、どうぞ」等…

  • その他

   鮮やかな色づかい、可愛くて子どももよく知る登場人物も魅力です。

   2歳の娘は自分で読んで楽しみ、

   1歳の息子も自分でページをめくり、絵が変わるのを楽しんでいるようです。

   丈夫な紙ではあるものの、流石にボードブックほどは強くないので、

   うちのはクシャクシャになってしまいました…笑

 

おまけ

ちなみに、絵本が破れてしまったとき、皆さんは何で補修していますか?

我が家ではニチバンの「カバーテープ」を使用しています。

各家庭におそらく常備されているであろうセロハンテープは、月日が経つと茶色く変色してしまいます。一方「カバーテープ」は保護・補強に特化したテープなので、いつまでも綺麗なのです。

子どもにはものを大事に扱ってほしいので「絵本は破かないよ」と教えてはいるものの、言ってもわからない場合もありますよね。0歳1歳の乳児ならままあることと思います。我が家では欠かせない便利グッズです。おすすめですよ。